Uncategorized

【夢占い】目が合う夢の意味は?アイドル・元彼・好きな人と目が合う

夢占い 目が合う

目が合うと、どんな気持ちになりますか?意識してしまったり、好意を持ったり、ソワソワして目を逸らしたくなったり、逆にドキドキして特別な感情が湧いてくる時もあると思います。

皆さんも、気になる人を無意識に目で追いかけていた経験がありませんか?

人は好きな物や人、関心や興味があるものに目線がいきやすく、目が合うということはお互いに意識していないと実現しにくいことなのです。

そんな目が合う夢を見た時は、自分のことだけでなく、相手のことを知るきっかけとなりますよ。

目が合う夢の基本的な意味

目は口程に物を言う、ということわざがあるように、無意識のうちに感情が表れたり、コミュニケーションをとるために重要だったりします。

特に、夢には潜在意識や深層心理が表れやすく、あなたが気付いていない自分の感情や意識していることがわかることがあります。

口と同じように、強いメッセージ性のある目に関する夢は、相手もあなたと同じ事を思っている、意識している、気になっているということや、あなたの能力、未来からのメッセージが受け取れる場合もあります。

誰と目が合うのか、その状況それぞれに意味があるため、自分のことを知るきっかけとになり、自分とポジティブに向き合うことができるでしょう。

アイドルと目が合う夢

人の心にスッと寄り添ってくれるような親しみやすさと、手に取れない幻のような存在を兼ね備えたアイドルと目が合う夢を見るのは、自分に魅力や才能があることを意味しています。

ですので、あなたは今、周囲の人達から注目されたい、尊敬してほしい、と求めているようです。

また成功したいと強く思っているため、仕事や学業、恋愛で、出世したい、いい思いをしたいと思っている表れでもあります。

ただ、ステージの上ではいつも笑顔でキラキラしているアイドルも、陰では血のにじむような努力をしているのと同じで、あなたの成功のためには努力が欠かせない、という警告でもあります。

コツコツと努力すれば強いカリスマ性が発揮されるでしょう。

元彼と目が合う夢

もう別れてしまっているのにもかかわらず、元彼と目が合う夢を見るのは、あなたがまだ元彼に未練があったり心の中にまだ元彼がいて気になっているのかも…

でも、元彼は過去の事としてあなたとの事は割り切っており、あなたとよりを戻すという選択はなさそう。

キッパリとけじめをつけて、心の整理をして、新しい恋に向き合いましょう。

もし、お互いに深く見つめあう夢だった場合、復縁のチャンスがあるかもしれません。お互いに相手を思う気持ちが強いため、恋人がいない場合は、少しずつ距離を縮めるのもいいかもしれませんね。

好きな人と目が合う夢

好きな人と目が合う夢はとても幸せでずっと続けばいいのに…と思いますよね。

しかし、愛に対しての欲求と、相手からどう見えているのか、という不安な感情が読み解けます。

相手に自分のことを理解してもらいたい、愛されたい、という欲求と、自分の気持ちを分かってほしい、気付いてほしい、もっと見てほしいなどの不安な感情があります。

あなたの中で相手が気になっていて、好きだという気持ちが高まっていますが、もしかすると、あなたの気持ちは隠しきれておらず、相手にバレバレかも…

少し勇気をもって話しかけてみると、いいでしょう。

芸能人と目が合う夢

TVなどで活躍する芸能人。そんな華やかでなかなか手の届かない芸能人と目が合う夢をみたあなたは、純粋に憧れから、その人に会いたいと思っているのでしょう。

人気者、憧れの人や素敵な人に会いたいと思って夢をみることは悪くはありませんが、
たまには現実も見ることも大事だよ、という警告でもあります。

願望も大切ですが現実をみるのも意識してみてください。

幽霊と目が合う夢

幽霊と聞くだけで怖いというイメージがありますが、夢占いでは、知らない相手という意味があり、新しい出会いを予知しています。

普段通らない道、行かない店など行ってみると、素敵な出会いがあるかもしれませんね。

また、自分のもう一つの人格、という意味もあります。幼いころに持っていた性格だけれど、大人になるにつれて、周りの目や調和を意識し自分の中に押し込めていた人格の事です。

ですので、幽霊と目が合う夢を見たあなたは、押し込めてきた本来の自分を解き放ってあげることを意識してみてください。

まとめ

口と同じように強いメッセージを持つ、目ですが、普段生活する中で意識することない感情が読み解くことができたと思います。

慌ただしく過ぎていく日常で、自分自身のことをしっかりと理解することで、新たな自分との接し方を見つけ、自分自身を知ることを重ねていきましょう。

また自分の感情だけでなく、相手のことも同時に知ることにより、コミュニケーションの取り方や伝え方の参考になったことと思います。

もっと理解を深め、会話を増やし、相手をより知るきっかけとなるといいですね。

error: Content is protected !!