Uncategorized

【夢占い】ディズニーの夢の意味は?一人で・元彼と・キャラクター

ディズニーといえば、夢と魔法の国。老若男女に愛されるテーマパークとして大人気ですよね。

煌びやかなパレードや、スリル満点のアトラクション、たくさんのキャラクターに会いに行ったり、美味しいご飯を食べたり…と、日々の生活を忘れてリフレッシュする人も多いと思います。

私の家族も全員大好きで、ウキウキワクワクとした楽しい気持ちで毎年足を運び、非現実な時間を思いっきり楽しんで、ストレス発散して帰宅します。

そんなディズニーの夢を見た時の夢占いを読み解いていきましょう。

ディズニーの夢の基本的な意味

現実逃避の象徴で、日々のストレスから逃げたい、緊張している状態から解放されたいという感情が表れています。

マンネリになった日常に飽き飽きしているため、夢の世界へ行き非日常を味わいたいと思っていませんか?

自分では気づかないうちにストレスがかかっているかもしれません。たまには、ゆっくりリラックスをして穏やかに過ごすことも必要かもしれませんね。

また、ディズニーには素敵なプリンセスがたくさんいて、王子様とのロマンチックな話が多いですよね。そんな絵本の中のようなロマンチックな恋愛をしたいと思っているのではありませんか?

恋愛したいという感情はいいのですが、その思いが強く、相手に押し付けてしまったり、浮気や不倫などの願望になってしまうと要注意です。

自分の気持ちに振り回されすぎず、周りを冷静に見るように心がけてくださいね。

一人でディズニーにいる時の夢

現実で一度くらいは、一人でディズニーに行っている方を見かけたことが、あるのではないでしょうか。

一人で行くディズニーは寂しいのでは?と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、自分の見たいところや行きたい場所を効率よく見て回ることができます。

一人で行くディズニーは、真のディズニー好きとも言えるでしょう。

そんな、一人でディズニーを行く夢を見た方は、自分の時間を楽しんでいて、とても満足しているのではないでしょうか。

知人、友人に依存することなく自立していて、楽しく過ごしているということなので、とてもいい事が起きる予感。

しかし、一人の時間ばかり満喫していると、徐々に他人との距離が開いてしまったり、他人といる時間が嫌に感じてきたりと、対人運の低下にもなり得ます。

意識して積極的に行動することで、自分の時間を有意義に過ごすだけでなく、他人との時間も楽しく過ごして、どちらも大切にしましょう。

ディズニーのキャラクターが出てくる夢

ディズニーにはたくさんのキャラクターがいます。キャラクターにもそれぞれ性格や特徴があり、リーダー的な存在や、明るくムードメーカー的な存在、天然だったり、おしゃれさんだったり…とさまざま。

どのキャラクターが夢に出てきたかで、あなたがなりたいと思っている理想の自分がわかります。

例えば、リーダー的存在のキャラクターが夢に出てきたのならば、あなたはみんなに指示を出し、チームをまとめ周囲から慕われたい、尊敬されたいと思っていることを表しています。

あなたがなりたいと思っている理想の姿を理解し、受け入れることで、今までしたことがないことを、新しく挑戦してみるのもいいと思いますよ。

元彼とディズニーにいる夢

現実が満たされていない、なんてことはないでしょうか?

元彼が出てくる夢は、未練があるのではないか、と思われがちですが一概にそうとは言えません。

過去の恋愛から立ち直ろうと、整理をしているのかもしれませんし、恋愛に対して満たされない、満足できていないという現状から逃げようとしているのかもしれません。

特に夢の中で元彼とのディズニーが楽しければ楽しいほど、現状の不満が大きいと読み取れます。

一度立ち止まり、ゆっくり自分の気持ちを感じてみてください。そして、現状を受け入れ、自分を癒すことをしたら、次の恋愛に向けてパワーをためておきましょう。

きっとステキな恋愛が待っていますよ。

まとめ

ディズニーなどのテーマパークに行く夢は、非日常を味わいたい、現実から逃避したい、ゆっくりと休みたい、といった意味があります。

現実に不満があったり、充実してないと現実逃避をしたくなる時がありますよね。また毎日の生活が慌ただしく、身体も心も疲れが溜まりきっていて、ゆっくりと休む時間の大切さを教えてくれています。

なかなか満足できていない欲求を、夢で発散・消化させているのです。

自分の気持ちの制御を外し、幼かった頃のように無邪気に遊んだり、はしゃいだりと、純粋無垢な心を取り戻そうとしているようです。

普段の生活で我慢しがちな感情、たとえば、節約のために欲しかったカバンを我慢しているのであれば、思い切って買ってみるのもいいと思いますし、夜中に急に食べたくなったラーメンを我慢するのではなく、たまには欲望に忠実になってみてもいいのではないでしょうか。

普段の生活を少しだけ変えてみることで、ちょっとしたことに感動したり、幸せに感じることもあると思いますよ。

error: Content is protected !!